注文住宅の防犯について

厚木県で建てる注文住宅の防犯について

厚木県で注文住宅を建てる時、最近は防犯対策をする人も多くなってきているはずです。どのような場所であっても、対策をした注文住宅を多くの人が建てるようになってきています。それは厚木県でも同様でしょう。では、どのような対策があるでしょうか。

最も泥棒に入られやすい場所は玄関です。玄関ドアをしっかりとしたものにするようにしましょう。ガラスなどが入っていると確かに明かりは入りますが、それほど玄関が明るくなる訳ではありません。逆に家の中を覗かれたり、ガラスを割って手を入れてカギを開けるという可能性もあるのです。

防犯の事を考えるとガラスのない玄関ドアの方が良いです。ドアのカギもピッキング対策がされたものを選ぶようにしましょう。また、ツーロックが基本です。不安な場合はスリーロックにするようにしましょう。

次に、窓ガラスです。1階の窓ガラスで大きなものは雨戸やシャッターをつけるようにしましょう。シャッターを破ることは難しいです。

小さなものは面格子をつけるようにしましょう。アルミ製のものだと切断することが出来ますが、それでも無いよりはあった方が良いです。不安な場合はステンレス製の面格子をつけましょう。危険なのがジャロジー窓です。ガラスが重なったようになっている窓なので、数枚ガラスを外せば侵入が可能になります。

また、注文住宅を建てる時、窓ガラスをすべて割れない防犯ガラスにするという方法もあります。そのため、普通のガラスよりは侵入されにくいです。

よくある侵入口が勝手口です。こちらは玄関ドアほどカギもドアも高価なものを入れない可能性が高いので、入られやすいのです。もし設置する場合は、防犯性の高いドアにするようにしましょう。カギもツーロックにしておいた方が良いです。

その他、足場になる場所を注文住宅の周囲につくらないようにすることも大切です。足場になるものが注文住宅の周囲にあると、2階から入りやすくなってしまいます。外置きの物置などを家に設置させて置かないように気をつけましょう。

これらの事をしても不安な場合は、厚木県にもあるセキュリティ会社に申し込むようにしましょう。注文住宅に設置する場合は初めから設置した方が、見た目も綺麗に設置することが出来ます。買い取りで安い場合だと、初回30万円程度、毎月3000円程度で一軒家をセキュリティすることが出来ます。

このように注文住宅につける防犯対策には様々なものがあります。”